香水の香料「ワイルドフラワー」 匂いや特徴・精油など

香水の香料として見かけた「ワイルドフラワー」

そんな花あったっけかな・・?と思い調べてみました。

ワイルドフラワーとは、自生植物の総称

「ワイルドフラワー」を検索して驚いたのは、なにか1つの花を指す言葉ではなかったこと。ローズやジャスミン、金木犀(キンモクセイ)1つの花の名前ではありませんでした。

オーストラリアなど南国に多いのですが、見た目が派手で珍しい形をしている花です。

ワイルドフラワーの匂い

南国なので甘い香りが漂いそうですが、中にはグロくてどこに花粉があるのか判別しにくいことも。夜しか香らない、又は自己受粉できるので香りを出す必要がない、などあるかもしれません。

いずれにしても嗅いでみたい・・✨

ワイルドフラワーの精油

十数種類もある「ワイルドフラワー」は1つの植物の名前ではありません。なのでワイルドフラワーの精油は存在しません。

もしあるとすれば、ワイルドフラワーと称される花々がたくさん集まった精油。

ワイルドフラワーが入った香水

ワイルドフラワーが調香された香水/フレグランスはこちら。

その他、見つけたら更新します😃

▼香水日和の公式LINEアカウント登録はこちら▼

友だち追加

香水嗅ぎツアーやオンラインでは募集しない香水日和主催のオフ会(新型コロナなど落ち着いたら)、おすすめの香水売り場、嗅ぎに行った香水の感想、注目している香水ブランドなど、Twitterでは拡散しない情報を配信予定😊
香水初心者さんも大歓迎です💓香りの相談もお気軽にどうぞ。

▼今だけ!香り付きムエットを【無料】でもらおう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です