トバリポップアップ

日本発メゾンフレグランス「トバリ/TOBALI」とフォトグラファー鈴木親さんのコラボイベント。伽羅(きゃら)当てクイズに参加した感想と全6種の香水紹介

伽羅(きゃら)の匂い、嗅いだことありますか??

伽羅(キャラ)といえば 織田信長 や 足利義政 が刀で削り、香りを楽しんだという最高級の香木「蘭奢待(らんじゃたい)/黄熟香(おうじゅくこう)」が有名。

蘭奢待/黄熟香
引用:正倉院の世界 公式サイト


その、貴重すぎる香木「伽羅(きゃら)」を嗅げる・・!

それも嗅ぎ当てクイズで嗅げるという「TOBALI(トバリ)」のポップアップ店舗へ行ってきました\(^o^)/

もくじ

TOBALI(トバリ)ポップアップ店舗情報-10/2終了

トバリポップアップ
「トバリ/TOBALI」ポップアップ

2019年10月2日(水)まで
エストネーション六本木ヒルズ店内

香料「伽羅/キャラ」の嗅ぎ当てクイズ

伽羅の嗅ぎ当てクイズ
伽羅の嗅ぎ当てクイズ

日本発の逆輸入メゾンフレグランス「TOBALI(トバリ)」 で開催された
「伽羅/キャラ」の香り当てクイズ

白檀(サンダルウッド)、ウード(沈香)、キャラ(伽羅)の3つのうち、キャラを当てれば、「トバリ」のサンプル1つがもらえます✨

嗅ぎ当てできた!

普段、嗅ぎ慣れない最高級のウード「伽羅/きゃら」

サンダルウッド(白檀)やウード(沈香)は嗅ぎ分けできそう・・
⇒ 嗅ぎ慣れない匂いが「伽羅」だと予想

伽羅/キャラは嗅ぎ分けできたのですが、サンダルウッドが不正解・・つまりウードも不正解・・自信のあったサンダルウッドを外すとは、、😢

喜び半分、ショック半分の複雑さが残りました・・(笑)

販売員さんも仰っていましたが、香りが飛び過ぎていて難問、、
毎朝、精油を垂らしてくれたらいいな・・💦 今後の課題のようです😃

トバリの香水にも含まれる香料「伽羅/キャラ」匂いの感想

蘭奢待/黄熟香
引用:正倉院の世界 公式サイト

とにかく濃い!

甘いシナモンが煮詰まったような香りですが、今、精油を垂らしたかのように濃く鮮度高かった・・!

1200年以上前の香木「 蘭奢待/らんじゃたい 」が今でも強い香りを放つといいますが、納得できるくらい濃い匂いでした。

色でいうと濃い「べっ甲色」

貴重な体験が手軽にできた「トバリ(TOBALI)」のポップアップ店舗、良かった💕

サンプルプレゼントでは、織田信長をイメージして作られた香水「アイアン・ウィンド(iron wind)」を選びました😊

世界的に活躍する日本人フォトグラファー「 鈴木親(CHIKASHI SUZUKI) 」と「トバリ」のコラボ写真つき限定ラベル

フォトグラファー鈴木親(CHIKASHI SUZUKI)
フォトグラファー鈴木親(CHIKASHI SUZUKI)さんがトバリの香水を表現

エストネーション六本木ヒルズ店で開催中の「トバリ」ポップアップ店舗
*10/2(水)まで

店内に入ると、「トバリ」が通常置いてあるフレグランス棚の反対側が、幻想的なアートな雰囲気で飾られていました😍

世界で活躍する日本人フォトグラファー「鈴木親(CHIKASHI SUZUKI)」さんと、フランスや海外で人気の Japanease maison fragrance「トバリ(TOBALI)」のコラボ作品で溢れていました✨

日本の香水ブランド「トバリ」フレグランス全6種を、鈴木親さんがアート写真で表現・・!

トバリ香水
トバリ香水 ポップアップ限定ラベル

通常、真っ白な箱とボトルが特徴の「トバリ」の香水

エストネーション六本木ヒルズ店の「トバリ/TOBALI」ポップアップ店舗では、日本人写真家「鈴木親(CHIKASHI SUZUKI)」さんがトバリの香水を幻想的なイメージで表現した写真がラベルに使用。

ポップアップ限定ラベルで販売されていました😍

トバリ「スモークフラワー」
トバリ「スモークフラワー」

一番人気は、ジャケ買いしてしまいそうなローズ香水を連想する「スモーク・フラワー(smoke Flower)」

私も在庫ギリギリで購入できました💕
*後日、追加入荷されているかも

日本発のメゾンフレグランス「TOBALI/トバリ」

日本発メゾンフレグランスブランド「トバリ」
日本発メゾンフレグランスブランド「トバリ」

実は、トバリの香水を買うのは今回が初めて。

(ていうか、こんなに真剣に嗅ぐのも初めて)

ざっと嗅いで気に入ったのは、以下3つ

  • 女性人気No1の「ホワイトストレージ(white storage)」
  • 最近、女性から密かに人気が高まるウード香水「スモーク・フラワー(smoke Flower)」
  • 織田信長をイメージした「アイアン・ウィンド(iron wind)」

全体的に優しい香りが多く、トバリが伝えたい「日本人の秘める色気の文化」が伝わります。

トバリ(TOBALI)の香水は、優しい、丸みのある香りが特徴ですが、薄いということでは全くありません。

私は今回、ホワイトストレージ(white storage)とアイアン・ウィンド(iron wind)を肌乗せ。
どちらも約5時間、しっかり香っていました😉

購入した「トバリ」の香水:スモーク・フラワー(smoke Flower)

トバリ「スモークフラワー」
トバリ「スモークフラワー」
  • 鈴木親/CHIKASHI SUZUKI さん撮影のフォトグラフ限定ラベル
  • 「スモークフラワー」の元になったモデル(美しさと知性溢れる花魁)
  • ローズとリリー、ウコン、数種類のウードや伽羅(キャラ)が香る調香

総合的に判断して選んだ「スモーク・フラワー(smoke Flower)」

トバリの香水は1本15,000円(100ml)と、メゾンフレグランスブランドの中では比較的買いやすい香水。

織田信長をイメージした「アイアン・ウィンド(iron wind)」と両方買おうか、だいぶ迷いました(笑)

が、10月はイセタン「サロン・ド・パルファン」もあり、トバリも出展しそう。この時期は、「新作も発売されそうだな・・」と色々考えてしまい(笑)

今回は「スモークフラワー」1つに絞りました・・! 😊

「スモーク・フラワー(smoke Flower)」を試香・肌乗せした匂いの感想

トバリ フレグランス
「トバリ」フレグランス限定ラベル

「スモークフラワー」のトップで華やかに香立つのはローズ、スズラン(リリー)、アンバーなどの柔らかいウード

赤や桜色の花魁(おいらん:高級遊女)の艶やかな着物衣装や、こってりとした紅色の唇が目に浮かぶほど。艶やかな香り。

かといって、ただただ甘ったるく媚びる安っぽい調香になっていないのは、冒頭の嗅ぎ当てクイズにあった「伽羅(キャラ)」や、わずかに苦味を感じるウコンのターメリックやタバコが〆ているから・・かな

一見、軽くみえがちな気品あるリリー(スズラン)の香りが主ですが、ピンクペッパーのような若干の尖りや、若々しいローズも主張

香料単品を試香したことはありませんが「Hidden Japonism 834」のベース香料が、軽くなりそうな白~淡いピンクのフローラルな香りに厚みを出している気配を感じます・・(ΦωΦ)

>>トバリ「スモーク・フラワー(smoke Flower)」購入後の香りの感想を口コミレビュー

日本のメゾンフレグランス「トバリ」の香水 全6種

1、「スモーク・フラワー/smoke Flower」

トバリ「スモークフラワー」
トバリ「スモークフラワー」

圧倒的な美しさと知性で人々を魅了した高級遊女「高尾 太夫」 花魁(おいらん)をイメージした香水

上記した通り、ローズも感じつつ、スズランやアンバーの温かさ、ウコンやピンクペッパーのような華やかさもある香り。

2、「アイアン・ウィンド/iron wind」

アイアン・ウィンド(iron wind)
アイアン・ウィンド(iron wind)

戦国武将 織田信長をイメージした香水

カリスマ性や気性の荒さもある一方、庶民への娯楽「楽市楽座」などを広めた温かみのある男性

イリス(あやめの根)の粉っぽさや、インセンスのお香感、沈香やウード・・
落ち着きのある温かい香り

人肌や軽くて柔らかい毛布に包まれたい夜の寝香水、冬に使いたいフレグランス。
今回、すごく欲しかった・・

男性が好むとあり、私のイメージとよほど違ったのかな・・販売員さんにもあまり勧めてもらえなかった(笑)

サンプルで持ち帰りました😉

3、「サイプレス・マスク/cypress mask」

サイプレス・マスク(cypress mask)
トバリ「サイプレス・マスク(cypress mask)」

猿楽師 世阿弥(ぜあみ)をイメージした香水

世阿弥は、舞台でヒノキの仮面を付けていたそうで、ヒノキやシダーウッドの日本を感じる「和」な香り。

サフランなどペッパー系もアクセント

4、「ホワイトストレージ/white storage」

トバリ香水
トバリ香水 ポップアップ限定ラベル

”生きた日本人形” ジャパンビューティモデルとして世界で活躍したモデル「山口 子夜子」さんをイメージした香水

資生堂の広告など。笑わずクール、おかっぱヘアの黒髪で、囲み目のアイメイクなど、今みても美しい・・✨

香料に「 茴香/ウイキョウ(フェンネル)」を使用。

ゆずの苦味のあるシトラス感、フェンネルの甘みのあるハーブの匂い。
ラストではヒノキも香るようなので、肌のせしてみたい・・!

「スプリング・スノー/spring snow」

スプリングスノー
スプリングスノー

歌舞伎役者 六代目 中村歌右衛門をイメージした香水
人間国宝としても評された、女方を演じたらピカイチの人

ベチバーや白檀の甘み

サクラも香るようです。肌乗せしてレビューします

>>

「ウォーター・リフレクション/water reflection」

ウォーター・リフレクション
ウォーター・リフレクション

宝塚歌劇団の女優さんをイメージした香水
(情報が薄い・・)

墨の匂いがトップで広がる・・!

お茶っぽさやベルガモットもありますが、ガーデニア(くちなし)の甘い香りが特徴

こちらも肌乗せして追記します(^^)/

ちょっと長くなるので、各フレグランス作品の香水レビューは別記事にてまとめます。

「私はこう感じた~!」など感想があれば、リプ、DM、この記事へのコメント欄に書込みくださると嬉しいです(#^^#)

*許可頂ければ、記事にて紹介します

「TOBALI(トバリ)」販売員さんの接客レベルに大満足!

この日、対応して下さった販売員さんは、香水が好きで「TOBALI(トバリ)」に入社。
フレグランス好きとあって話題豊富・・!
ルイ・ヴィトンの香水やジャック・キャヴァリエさんネタで盛り上がりました(笑)

「トバリ」の香水のスペックやストーリー、使用香料についてはもちろん、モデルとなっている人や香りの歴史など、多方面に知識を習得されていました。

話が尽きることなく・・あっという間に1時間^^;

サロンドパルファンでも「TOBALI(トバリ)」で接客されることもあるかも??
見つけたら大腕振ってご挨拶する約束をしました😊楽しみ!

Japanease maison fragrance「TOBALI/とばり」基本情報

フォトグラファー鈴木親(CHIKASHI SUZUKI)
フォトグラファー鈴木親(CHIKASHI SUZUKI)さんがトバリの香水を表現
  • オードパルファム
  • ユニセックスフレグランス
  • 値段:100ml 15,000円、50ml 12,000円
  • 調香師:イメージをお伝えして委託している

「TOBALI(トバリ)」の意味

日本の隠す文化「帳(とばり)」

日本で香りが栄えた平安時代

ちょっと位のいい人たちは、顔を隠して、トバリ(帳)という簾(すだれ)のような薄いカーテン越しに会っていました。

そのため、自身を表す「香」をもち、リアル会いする前の文通の「ふみ」にも匂いをしたためていたそう。

中東のベールで隠す文化にも通じるなんとも色っぽいお話し・・💕

真っ白な陶器のフレグランスボトル

世界文化遺産「白鷺城(姫路城)」や、一度は行ってみたい憧れの都市 南イタリア「オストゥーニ」の真っ白な城壁を連想するような真っ白い陶器の「トバリ」の香水ボトル

香水ボトルは美濃焼って聞いた記憶ですが、キャンドルの方は有田焼とも書かれていて、どちらかちょっと不明💦

確認して追記します!

和紙のラッピングとキャンドル芯

トバリの香水は、日本に馴染みの深い「和紙」も使用。

サンプルが梱包された袋や、キャンドル芯に珍しい「和紙」を使用しており、煤(すす)が出にくい工夫もされています。

TOBALI(トバリ)の香水の特徴:ベース香料「Hidden Japonism 834」

日本の香り文化が一番栄えたとされる平安時代。

平安時代の天皇は、それぞれ自身を表現する香りを持っており、なかでもスペシャルに良い香りだったのが、54代 仁明天皇(にんみょうてんのう )

日本を代表する香水ブランド「トバリ」の創立者 橋本宗樹さんは、日本香道と協力し、当時の香りを再現。

現代に受け入れられやすいようにアレンジを加え、「Hidden Japonism 834」「ジャポニズム834」 というベース香料を作り出しています。

*834ってなんだろう・・?
推測ですが、仁明天皇が即位したのが833年なので、翌834年にこの香りが誕生したのかも??

再現した平安時代の香り 「Hidden Japonism 834」 は、ベース香料としてトバリ(TOBALI) のフレグランス全6種に配合されています。

日本人の根っこ、DNAレベルで欲する日本のメゾンフレグランス「トバリ/TOBALI」

トバリポップアップ
「トバリ/TOBALI」ポップアップ

トバリの香水を嗅いで感じる、懐かしさや落ち着き、親しみや癒しを感じる香り・・

私たち日本人にとっては安らぎ、日本文化に馴染みのないヨーロッパや海外の人々には「新鮮」な香りのフレグランスとして大人気✨

フランスやイタリアでもハイエンドな人々が利用する高級デパートやセレクトショップで販売されています。

今回のポップアップ店舗は六本木ヒルズという場所がら外国人も多く、「お、トバリじゃん!」と好反応。
初めて日本発メゾンフレグランスブランドだったことを知る人もいたそうです(*^^*)

フランスやイタリアのメゾンフレグランスに憧れてしまいますが、日本人特有の「隠し、秘める、色気のある文化」もステキ・・!

知れば知るほど、全種類集めたくなる 日本のメゾンフレグランスブランド「トバリ」 の口コミレビューでした(*^^*)

以上、アロマと香水日和 ( @kousuibiyori ) でした。
Twitterフォローやリプ、DMなどお気軽に・・😊お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です