サロンドパルファン2022戦利香水

【随時更新】伊勢丹サロンドゥパルファン2022情報&行ってきた感想&購入香水

今年もやってきました。香水好きにはたまらないフレグランスの祭典「伊勢丹サロン ドゥ パルファン」
2021年は回転寿司ならぬ、回転フレグランスがSNSでも話題になりましたね☺
今年はどんなサロンドパルファンになるでしょう~?ワクワクな5日間のはじまりです!

今回、香水日和が購入した香水はこちら!

2022年サロパ開催日程

2022年伊勢丹サロンドゥパルファン
2022年伊勢丹サロンドゥパルファン

6階催事場での開催キタ✨入場をズラしているの会員さんにやさしい…

✅エムアイカード会員 特別招待日:10/19(水)開店~
✅三越伊勢丹アプリ会員 招待日:10/19(水)14時~
✅一般:10/20(木)~24(月)
メンズ館は11月1日(月)まで開催

初登場ブランド:サノマ、ラニュイなど

3年振り。本会場を6階で開催

2021年は伊勢丹本館&メンズ館の1階フロアをメイン会場に開催されたサロンドゥパルファン。
2022年の今年は、元々のメイン会場であった伊勢丹新宿店の6階で開催されます。2021年は会場が狭かったこともあり、激混みとの情報で行かなかったのですが、今年はもう少しゆとりがあるかな?

どんな雰囲気なんだろう?と思われた方は、過去のサロンドゥパルファンのレビュー記事をどうぞ↓
伊勢丹サロンドゥパルファン2020へ全日程行ってみた感想口コミ

初出展香水ブランドは12。2022年サロンドパルファン

2022伊勢丹サロンドゥパルファン出展ブランドラインナップ

2022年サロンドパルファンの初出展フレグランスブランドは下記。12ブランド

  • サノマ(新作「松風」お香 発売)
  • ラニュイ(新作「スクリャービン」香水セット、キャンドルなど)
  • Aesop(イソップ)
  • MCM(エムシーエム)←懐かしい!
  • カリーヌ・ロワトフェルド
  • コウシ(香師)
  • ノンフィクション
  • パルファンサトリ
  • パンピューリ
  • バンフォード
  • ブーディカ ザ ヴィクトリアス
  • メゾン クリヴェリ

出展香水ブランド一覧/2022年サロパ

  • アクアディパルマ
  • アルマーニビューティ
  • エディット(新作グルマン「クラブロンリー」先行販売)
  • エラケイ(新作レザーコレクション)
  • エルメティカ
  • キャロン(新作)
  • キリアン
  • クヴォンデミニム
  • グタール
  • クリスチャンルブタン
  • クロエ
  • ゲラン
  • ザ ディファレント カンパニー
  • サウザンドカラーズ(元トバリ)
  • サルヴァトーレ フェラガモ
  • ジバンシイ
  • ジョーマロン ロンドン
  • ディプティック
  • トムフォード ビューティ(限定?オンブレレザー気になる)
  • パルファン ロジーヌ パリ
  • フエギア1833(ウードシリーズ登場)
  • ブルガリ
  • フレデリック マル
  • フローリス
  • ペンハリガン
  • ボンド・ナンバーナイン
  • ミラーハリス
  • ミヤシンマ パリ(ルシヤージュ米倉さん接客あり)
  • メゾン フランシス クルジャン
  • ラルチザン パフューム
  • リキッド イマジネール
  • リベルタパフューム(新宿店&メンズ館)

香水日和が気になる香水など

2022伊勢丹サロンドゥパルファン気になる香水

気になる香水や香り物をピックアップしてみました💓

  • エディット クラブロンリー(パッションフルーツ、メープル、インク😳)
  • ラニュイのキャンドルと新作クラシックピアノ曲「スクリャービン」香水セット
  • サノマの新作はお香から”松風”
  • トムフォード オンブレレザー😍
  • メゾン クリヴェリ
  • フエギア ウードシリーズ

など。気になる香りや面白い香りがあれば、日和LINE公式の【香水勉強会 】 にて小分けで共有したいと思います。実施の際はLINEにて案内流しますので、事前登録してお待ちいただけると嬉しいです☺あなたの気になるサロンドパルファン香水もぜひリクエストください。要望多い香水は購入し共有したいと思います。

香水日和LINEに登録しておく

香水日和サロンドパルファン購入香水

行ってきましたサロンドパルファン☺
まずは前夜に開催されたプレビューへご招待いただきました。

https://twitter.com/kousuibiyori/status/1582393275096322049?s=20&t=_QjA8fp9nCETaAAv6OD_5g

前夜祭プレビューで試したのは、

  • エディット新作「クラブロンリー」
  • リベルタパフューム新作「CHA-BA(茶葉)」「GIN-JO(吟醸)」
  • リキッドイマジネール新作「ゴールド」
  • カリーヌ ロワトフェルド(Carine Roitfeld)「カリーヌ」
  • ラニュイ新作「スクリャービン(SCRIABIN)」
  • KOHSHI(香師)「キレーサ」

久々にお会いする方々もいて、普段SNSで見ている方々もいて、同窓会のような雰囲気であっという間に閉店時間になってしまいました、、とても濃密な2時間をありがとうございました。

以下、後日再びサロンドパルファン訪問し、お迎えした香水たちです。

ÉDIT(h) (エディット):新作グルマン香水「クラブロンリー(Club Lonely)」

https://twitter.com/kousuibiyori/status/1582578507766325248?s=20&t=_QjA8fp9nCETaAAv6OD_5g

甘い甘いグルマン(デザートのような香り)を期待して嗅いだ方には刺さらなかったかもしれません…かなり攻めたグルマンフレグランスです(*’ω’*)
トップにパッションフルーツやカシスのちょっぴり酸味のあるフルーツを支えるアマレット(お酒・リキュール)の酔いそうに濃いカクテルが飛び出します。肌に乗せるとインクのような炭のような香りもするのですが、エディットのクリエイターによると、人によってかなり香りの出方が異なる香水になったようです。

ある方はメープルの甘みが、またある方はパッションフルーツやカシス、インクのようなちょっと酸味のある香りが、はたまた別の方はインクやレザーの渋みが強く出る…ムエットではカクテルのリキュール感がかなり強めかな。
わたしの肌ではリキュール感に少しの酸味が乗る感じで好みでした💗肌乗せ必須でおすすめしておきます。

ブーディカ ザ ヴィクトリアス(Boadicea the Victorious):エクスプローラー

ブーディカ ザ ヴィクトリアス(Boadicea the Victorious)
ブーディカ ザ ヴィクトリアス(Boadicea the Victorious)

前評判でも気になっていたブランドの1つ、ブーディカです。
前夜祭で接客してくださった方が良くて、とても印象的でした✨「煙たい香りやレザーが好き」と伝え、肌乗せしたのは「エクスプローラー」。フライヤー(紙)に載っている香りの説明はあまり当てにしないで…と仰っていた通り、紙の情報を元にするとイメージと異なる香りかもしれません。

前夜祭プレビューで肌乗せし、オードパルファンなのですが、すごく香りの保ちが良く、シャワー後にも香りが残り忘れられず「あぁ…わたしはエクスプローラーをお迎えにまたサロパへ行くであろう…」と思いました。

お迎えした日にも同じ販売員さんが接客してくださり、買うならこの方から買いたいと思っていたので良かった☺
お話楽しすぎて、香水を受取るのを忘れたままブースを立ち去ってしまいました。。。恥ずかしい😂

ブーディカのサロパ以降の取扱い店舗

上記販売員さんによると、今後の展開は来月11月いっぱいはバーニーズニューヨーク(だったと記憶)でポップアップ開催。代理店の外の香水ブランドもバーニーズニューヨークで取扱いがあるため、ブーディカも取扱いなるかも?だけどまだ未定とのことでした。サロンドパルファンとポップアップの反響をみて決められるのでしょう。
また、来月のポップアップではサロンドパルファンほど取扱い香水は並ばない予定のようです。気になっている方は、サロンドパルファン会期中に試すのが吉です◎

アルマーニ プリヴェ(ARMANI PREVE):ユーロンナクレ、アメジスト

アルマーニ プリヴェ
アルマーニ プリヴェ

2022年のサロンドパルファンで私にとっての刺客がアルマーニ プリヴェでした☺
通りすがりにいただいたムエットでちらりと寄ったら…気づいたら3本お迎えしていたのです。。!

日本茶とブラックティ(紅茶):ユーロンナクレ

ユーロンナクレはユーロンのキラキラバージョンで、ホリデイ限定エディションです。霧状のミルキーラメが入っています。肌乗せの際もキラキラ上品なシルクのようなラメが残ります。緑茶とストレートな紅茶のコントラストが綺麗に香り、リラックスできる…✨オードトワレ

レザーやバーチ(白樺)のスモーキーな香り:アメジスト

アルマーニ プリヴェ
アルマーニ プリヴェ

「レザーや煙たい香りが好き」と伝えたら出てきた「アメジスト」
とても好き。渋みは控え目で少しフルーティなベルガモットの甘い部分が乗っています。レザーすぎないので、グルマンやフローラルの次に冒険してみたい方にも試していただきたい香水です。

試香:ウード ロイヤル

アルマーニ プリヴェ「ウードロイヤル」
アルマーニ プリヴェ「ウードロイヤル」

会計中に見つけてしまった「ウードロイヤル」
バリバリの濃いウードではないものの綺麗に整えられているため、ウード試してみたいな~という方にもおすすめです。そのうちお迎えするかも…ですが、アルマーニ プリヴェ全種類を試香する時間的・鼻的余裕もなかったので、また改めて後日に1Fでお試ししたいです。

カリーヌ ロワトフェルド(Carine Roitfeld):カリーヌ

カリーヌ ロワトフェルド(Carine Roitfeld)
カリーヌ ロワトフェルド(Carine Roitfeld)

「これ香水日和さん好きだと思いますよ」と前夜祭でいただいたムエット「カリーヌ」
良い香りではあるものの、正直そのときはピンと来なかったのですが…持ち帰ったムエットを翌日クンクン、さらに翌日クンクンと嗅ぐと「なんと!」さすがです…好き…お迎えしたい…と追い嗅ぎで刺さりました。流石よ…✨
トップのピンクペッパーにほんのり甘いガーデニアやジャスミンが不思議な雰囲気で、尖りなく香ります。

カリーヌはボトルも特徴的で、容量は90mL。楕円形の筒型なのですが、真ん中あたりがぎゅ~っと掴んだ指で押したように凹んでおり、それで90mLになったんだろうなぁと。なかなかに面白いボトルです。
他にフゼア調の香水もあり、こちらも全種類嗅ぐことができなかったので後日ゆっくり試したいブランドでした。
(現在、店舗で嗅げるのは金沢のフェートンが取扱い中)

リキッドイマジネール:ミルキーなブランシュベット(BLANCHE BETE 白い獣)

上記カリーヌと同じ代理店の取扱いブランド。「これも人気です✨」と渡されたムエットが「ブランシュベット」
ミルキー!!!香水ボトル見るからにシルキーでミルキーな柔らかい香り。
チュベローズのクリーミーな甘い花とトンカ、そしてミルクアコード。手持ちにはモルトンブラウンの「ミルクムスク」の4mLしかないので、初のミルキーな香水をゲットしました💗

試香:新作「ゴールド」ドライフルーツにスパイシーな香り

リキッドイマジネール「ゴールド」
リキッドイマジネール「ゴールド」

本当は前夜祭で肌乗せして良かった「ゴールド」をお迎えするつもりでした…が、ふと舞い降りたミルキーな刺客「ブランシュベット」を優先。こうやって少しずつ、今好きな香りから他の香りへと鼻が育ってゆくのです…☺

新作ゴールドは数量限定。本国に先駆けて、日本でサロンドパルファン先行発売です。

ゲラン(GUERLAIN):ウードシリーズより「ウードヌード(OUD NUDE)」

ゲラン「ウードヌード」
ゲラン「ウードヌード」

サロンドパルファンでフエギアのウードシリーズを一通り嗅いで、少しでたところで「ご無沙汰しております!」とお声掛けいただいたのがゲランの超スペシャリスト✨のOさん。
ゲランの新作発表会でお会いし、その後、GINZA6でコンサルテーションを受けて以来の再開でした☺

マスク生活が長くなり、目元や髪型で知り合いを探す日々になり…お互いに見つけ出すのが困難ですよね。。
久々に接客していただいて、気さくな本音トークに鼻が咲き、肌乗せもせずに(両腕もう香水で満席)「ウードヌード」をお迎えしました。

少しバニラっぽさがトッピングされたウード香水です。肌乗せまだできていないので、少し使ってみてまた後日レビュー追記します。ウードの濃さでいくと、ウードコール→ウードヌード→チェリーウードの順に使いやすいです。

試香:かなり煙たいアッサムウード「ウードコール」

他に「ウードコール」もお迎えしたかったのですが、ムエットでは大変好みなものの、かなり煙っぽいウードなので肌乗せしてみないと…もしかすると私には使いこなせない気がしたので一旦保留。ウードコールは来年年明けまでは店頭に並ばない(サロパ先行)と仰っていたような…!かなり人を選ぶかとは思いますが、煙たいウード好きな方はぜひ肌乗せしてみてください。

試香:深紅の愛らしさが特徴「チェリーウード」

ムエットでの更にマスク越しの試香であんまり分からなかった…涙
日本のさくらんぼ、よりも黒に近い深紅のアメリカンチェリーの濃厚さとウード。

その他、試香・肌乗せした香水に続きます。

フエギア1883(FUEGUIA):ウードコレクション

フエギア ウードコレクション
フエギア ウードコレクション

みんな気になる家賃香水(フエギアの販売員さんが仰っていた)
前列(写真だと右側)が調香師ジュリアン・ベテル氏がチームで創り出した「オリジナルのボタニカルウード」
ウード アンデス(ANDES)、 ウード カレドニア(CALEDONIA)、 ウード チャコ(CHACO)、 ウード パタゴニア(PATAGONIA)

自然界の植物やバクテリアなどを配合、組み合わせて作ったそうです。そんなこと思いつかなかったよ…
ウードも貴重性のある香料なので、ウードではないウードの香りは需要高まりそうではありますね。。

そして後列(写真左列)は自然界に存在する元々のウード(沈香)です。
ウード アッサム(ASSAM)や ウード ブルマ(BURMA)、 ウード カンボジア(CAMBODIA)、 ウード タイ(PRACHIN)

私が気になったのは、 ウード ブルマ(アニマリックなウード)、 ウード チャコ(カカオっぽさのあるウード)、 ウード パタゴニア(グリーンぽいウード)の3つ。 ウード ブルマと ウード チャコは肌乗せしたのですが、グリーンぽさのあるウードパタゴニアも気になる…けどもう腕は空いておらず、、

マスク越しの試香でもあるので、香りが少しふんわりしているんですよね…ウードパタゴニアも肌乗せして選びたいし、もう少し全体をしっかり嗅ぎたい…ので、後日六本木ヒルズハイアットにあるフエギア店舗で試したいです。

韓国発の香水ブランド「ノンフィクション(NONFICTION)」

サロンドゥパルファン行かれる方は、水分摂取や体調管理など気を付けて、楽しみましょう!
現在執筆しているのが夜中のため、サロパ購入香水の写真は、また後日アップします。ブックマークしてお待ちください☺

投稿者: 香水日和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です