Rフレグランス「オパールシルク」

Rフレグランス「オパール シルク/乳香」OPAL SILKを試香した感想をクチコミレビュー

  • 調香師:村井千尋
  • 香調: フレッシュオリエンタルヒーリング
  • 販売ブランド:Rフレグランス
  • オードパルファン
  • 価格: 50mL ¥ 17,820 (税込)

「オパール シルク/乳香」の特徴

シルクをイメージした、フランキンセンス(乳香:にゅうこう)がメインの香水。

クレオパトラや歴代ファラオ(王)が寝室で焚いていた「フランキンセンス」
権力闘争や人々からの注目・妬みに常にさらされる日頃の疲れを癒すために、愛用されていました。

#寝香水 にする人も多く、肌にまとうと包み込まれるような癒しのオーラに包まれて安眠できそう。

さらに、自分なりに努力して輝く様子を、砂や不純物が混じる宝石オパールで表現。

「人間それぞれに価値がある。必要以上に卑下することも比べることも不要。
人と違うことに価値がある。」というメッセージが込められた香水。

「オパール シルク/乳香」に含まれる香料(精油)

【トップ】マスカット、ヨーグルト
【ミドル】ローズ
【ラスト】乳香、白檀

乳香はランクがあり、以下の順で貴重で高価。

  1. 緑がかったものが最高級グレードの「ロイヤルホジャリ」
  2. ホワイト
  3. オレンジがかったもの


抽出の際に温めると、ヨーグルトっぽい少しすっぱい香り(フランキンセンスのトップノート)が飛んでしまいます。
私たちが嗅ぐ精油の状態のフランキンセンスは、実はトップの香りが飛んだスパイシーなもの。

フランキンセンスが持つ、樹から出た樹脂の本来の香りそのものを再現するために、トップノートにヨーグルトを調香するこだわりよう。

試香した「オパール シルク/乳香」の匂い、感想をクチコミ

Rフレグランス「オパールシルク」
Rフレグランス「オパールシルク」

寝香水に使用する人も多いという「オパール シルク」

フランキンセンスがメインで調香されているわりには、フランキンセンスのスパイス臭を感じない・・ほんとシルクのように滑らかな香り。

残念ながら私は「オパールシルク」の特徴がうまくつかめない・・ふんわりとまあるくて滑らか。
何かもう一つ主張(オパール)が隠れているのかもしれない・・また嗅ぎに行きたいし、寝香水に使ってみたい!

「オパール シルク/乳香」のパッケージデザインの意味

オパールシルク箱
オパールシルク箱

人の人生を色濃く描く香水「オパールシルク」

人生はドラマである=劇場の幕・緞帳(どんちょう)模様からイメージ。

Rフレグランス「オパール シルク/乳香」を試香・買えるお店

実店舗で嗅げるのは、東京 新宿伊勢丹1F香水売り場のみ(2019年8月)
今後、日本全国の主要都市へと展開予定。

ネットショップでは「オンラインショップ Forte内」で購入可。

>>【 Rフレグランス】調香師 村井千尋さんセミナーの内容と感想クチコミレビュー

Have a nice perfume life..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です