ヤケーンヌ

フエギア1833「ヤケーンヌ/yakeñ」使用香料や香りの感想口コミレビュー

アルゼンチン発のメゾンフレグランスブランド「フエギア1833/fueguia1833」

イセタン サロン ド パルファンで購入した、ヤケーンヌの香りの感想などをまとめます。

フエギア1833「yakeñ(ヤケーヌ)」香水の特徴

ヴィーガンフレグランス
ヴィーガンフレグランスのフエギア
  • 香りの分類:アニマリック・フルーティ
  • 入っている香料:パナメラ(南米の薬草)、アンバーグリス、ミルラ(没薬)など
  • フエギア1833 destinosシリーズ
  • 値段:perfume 100ml ¥ 29,200-、30ml/¥ 15,100- 、 perfumeオイル¥12,300- (価格は変動します)

yakeñ(ヤケーンヌ)香水のストーリー

フエギアの木箱
-フエギアの木箱-

南米の薬草「パラメラ」という植物から抽出した香料を使用。

現地ではヤケーンとも呼ばれる。

パラメラは、男性が筋肉つけたり、性欲や食欲増進など、生命力を高める目的で、パタゴニア先住民に愛用されている。

yakeñ(ヤケーンヌ)の匂いの感想

ヤケーンヌ
ヤケーンヌ

フルーティな明るい甘さ。

マンゴーの酸味を減らしたような、南国フルーツと柔らかいミルクキャラメルのような濃厚さ。

アンバーやミルラ(没薬)の落ち着き。重たくない香り。

ムエットで持ち帰りしましたが、翌日も空間に漂うほど香りが立つ。

購入後の「ヤケーンヌ/ yakeñ 」を使用した感想

フエギア「ヤケーンヌ/yaken」
フエギア「ヤケーンヌ/yaken」

初めてフエギアの六本木ヒルズ店(東京グランドハイアット)で試香した中で、一番気になった香水「ヤケーンヌ」

フエギアはヴィーガンフレグランスで、自然の植物から採取した香料を使用。化学合成された香料は一切使用していないそう。

この手のフレグランスにありがちなのが、アロマっぽさと、香りが比較的軽くて、すぐ飛んでしまうこと。

しかしフエギアの香水はがっつりと重めで、長時間香りが続くのが特徴的。
「ヤケーンヌ」もガツンと1日中香りがシングルノートで持続します。

パラメラという生命力あふれる薬草を香料に使用しているので、ちょっとパワー欲しいな・・ってときに寝香水として使用することが多いです😊

フエギア1833「ヤケーンヌ」を買えるお店

グルマン系香水「ヤケーンヌ」を日本で試香・買えるのは、六本木ヒルズ(グランドハイアット1階)と伊勢丹新宿店 の2店舗のみ。

在庫があるうちに行くのがおすすめです(^^)/

以上、アロマと香水日和 ( @kousuibiyori ) でした。
Twitterフォローやリプ、DMなどお気軽に・・😊お待ちしております!

Have a nice perfume life..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です