フエギア「ヤケーヌ」

FUEGUIAフエギア1833 「yakeñ(ヤケーヌ)」香りの感想や調合香料

フエギア1833「yakeñ(ヤケーヌ)」香水の特徴

香りの分類:アニマリック・フルーティ

入っている香料:アンバーグリス、ミルラ(没薬)など

フエギア1833 destinosシリーズ

値段:perfume 100ml ¥ 29,200-、30ml/¥ 15,100- 、 perfumeオイル¥12,300-

yakeñ(ヤケーンヌ)香水のストーリー

南米の薬草「パラメラ」という南米の植物から抽出した香料を使用。現地ではヤケーンとも呼ばれる。
パラメラは、男性が筋肉つけたり性欲や食欲増進など生命力を高める目的でパタゴニア先住民に愛用されている。

yakeñ(ヤケーンヌ)の匂いの感想

フルーティな明るい甘さ。マンゴーの酸味を減らしたような南国フルーツと柔らかいミルクキャラメルのような甘さ。アンバーやミルラ(没薬)の落ち着き。重たくない香り。

ムエットで持ち帰り。翌日も空間に漂うほど香りが立つ。

私の肌に乗せたyakeñ(ヤケーンヌ)香りの匂い

次回、乗せて感想かきます♪

フエギア1833「ヤケーンヌ」を買えるお店

グルマン系香水「ヤケーンヌ」を試香・買えるのは、日本で唯一フエギアの店舗がある六本木ヒルズ(グランドハイアット1階)のみ

在庫があるうちに行くのがおすすめです(^^)/

以上、アロマと香水日和 ( @kousuibiyori ) でした。
Twitterフォローやリプ、DMなどお気軽に・・😊お待ちしております!

Have a nice perfume life..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です