Rフレグランス「ブラックウード」

Rフレグランス「ブラック ウード/黒沈香」BLACK OUDを試香した感想をクチコミレビュー

  • 調香師:村井千尋
  • 香調:フローラル ウッディー
  • 販売ブランド:Rフレグランス
  • オードパルファン
  • 価格:50mL ¥ 17,820 (税込)

「ブラック ウード」香りの特徴

石庭
引用: Wikipedia 龍安寺

多くの日本人が日常で体験する機会を失った日本古来の3つの道「華道(かどう)」「茶道(さどう)」「香道(こうどう)」を日常に感じることのできる香り。

京都 龍安寺の石庭「枯山水(かれさんすい)」・・水を使うことなく石やコケで日本庭園を表現する手法。

龍安寺の石庭は、上から見れば15個あるはずの石が、地に足を付けた状態ではどこから見ても14個しか目視できません。

東洋では「完全」を表す数字「15」の石から1つ引いた14個の石は、不完全であることで「無い物を見て嘆くよりも、今ある物で満足する」お釈迦様の教え、戒めを表しています。

「ブラック ウード」に含まれる香料(精油)

  • トップ・・ベルガモット
  • ミドル・・ゼラニウム、ローズ、イリス
  • ラスト・・アンバー、ムスク、沈香(ウード)、パチョリ、白檀(サンダルウッド)


試香した 「ブラック ウード」 の匂い、感想をクチコミ

Rフレグランス「ブラックウード」
Rフレグランス「ブラックウード」

2番目に好きな「ノーブルオーキッド」と迷う「ブラック ウード」

私が好きなローズやイリス、アンバー、ゼラニウム、パチョリやムスク。
日本の和の精神を、墨汁を連想する香りやお寺から漂う白檀、ウードで表しています。

ノーブルオーキッドとブラックウード、辻が花は3点セットで手元に欲しい、、
改めて嗅ぎに行って、感想追記します。

「ブラック ウード」のパッケージデザインの意味

ブラックウード箱
ブラックウードの箱

日本古来から伝わる伝統模様「青海波(せいらいは)」 からインスピレーションを得たパッケージデザイン。

なんとなく石庭っぽさも感じます。

Rフレグランス 「ブラック ウード」を試香・買えるお店

Rフレグランスの香水が買えるのは、リアル店舗では東京・新宿伊勢丹のみ。
今後、地方の百貨店デパートへの展開もしていく予定だそう。

ネットショップでは「オンラインショップ Forte内」で購入可。

その他、購入できる店舗などの新情報は、▼こちらの記事を更新していきます。

>>【 Rフレグランス】調香師 村井千尋さんセミナーの内容と感想クチコミレビュー

Have a nice perfume life..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です