水性香水

水性香水とは?「オー・トリプル」メリットデメリット比較

今のフレグランス業界で聞きなれない「水性香水(すいせいこうすい)」

私はフランスの老舗 フレグランスブランド「ビュリー(BULY)」で知りました。

参考記事:ルーブル美術館と調香師がコラボ!絵画からイメージされた香水全8種を口コミレビュー

水性香水とは、ノンアルコール フレグランス

「水性香水」は、水と油/オイル、香料が含まれたフレグランスのこと。

アルコール不使用なので、アルコールにかぶれてしまう敏感肌の人やアルコールアレルギー、赤ちゃんやペットがいる人にも使える肌に優しい香水です。

*水性香水に使用されているオイルの種類により、アレルギーがある人もいると思うので、要確認

【比較】水性香水のメリット・デメリット

「水性香水」の、メリット・デメリットをまとめます。

メリット:肌の弱い人も使える香水

  • アルコール不使用
  • 肌が弱くてもかぶれにくい
  • 赤ちゃんや子供、ペットがいてもOK
  • 香りが柔らかい香水
  • 拡散性が抑えられる(身の回りで香る)
  • 肌の保湿

水性香水のメリットといえば、なんといってもこれ。

アルコールフリーなフレグランスなので、肌へのかぶれがありません。
(ピンクペッパーなど、肌への刺激が強い香料が入っている香水は、程度により気を付けるのがおすすめ)

香りの拡散性も低いので、日本のようなフレグランスへの批判の強い香水砂漠では、使いやすい香水です。

デメリット:使用期限がアルコール香水と比べて短い

一方、デメリットもあります。

アルコールが使用されている香水と比較して使用期間が短い、との指摘。
この辺、水性香水を扱う「ビュリー(BULY)」に確認中です✨

一般的には、化粧品としての香水の使用期限(?)は、未開封で3年、開封済で1年。もちろん保管条件にもよります。

煮詰まった香りが好き、トップは飛んじゃってるけど気にせず使う、など人それぞれではあります。

使用期限を過ぎた香水は、ルームフレグランスとして使える

香水は芸術作品としての意味合いもあるので、使用可能期間が経過した後でも、持っている価値はあるもの。

使用期限が過ぎた香水も、たとえばルームフレグランスとしてコットンやムエットに染込ませて使う、といった使用方法で香りを楽しむこともできます😊

使用期限を過ぎた香水も捨てずに、ルームフレグランスやハンカチに乗せて使うなど、処分せずにお気に入りの香りを長く楽しめるといいですね!

*処分したい香水がある場合は、ご一報ください(笑)

水性香水の特徴:保湿液

水性香水ブランド「ビュリー」
水性香水ブランド「ビュリー」

「水性香水」はオイルが入っているので、保湿性が高いのが特徴。

ただ、保湿液としてみれば、ビュリーの75ml 21,000円は高級ですよね💦

センシティブに傾きやすい生理中や日焼け後、肌の乾燥する冬場にカサカサ肌になりやすい箇所(ひじ、かかと、ひざ)、はたまたパートナーとのラブラブタイムの潤い肌に使うのもおすすめできそう💕

水性香水は買うと損する?

一般的なアルコール香水と比較して、日持ちの悪さで買わない選択肢が生じる水性香水。

嗅いでみると分かりますが、つけたての柔らかい香り方や、赤ちゃんやペットがいても安心して使える点、肌の保湿も考えると、損ではないと思います。

そもそもアルコール香水の使用期限を気にして買ったこと、なかったです(笑)
その香水の香りやストーリーに惹かれて、手元にお迎えしたフレグランスたち。

香りってそのうち飽きてしまうし・・私の場合はコレクションの価値も高いので。日持ちは気にしたことありません。

さっさと使用期限内に使いきってしまうか、期限終了後はルームフレグランスとして使うか、その辺は一般的なアルコール香水と同じかなと思いました✨

肌が弱くてこれまで香水を使用できなかった人には、より香りを楽しめる保湿液としての需要が高まりそうです💕

>>水性香水のフレグランスブランド「ビュリー(BULY)」

以上、アロマと香水日和 ( @kousuibiyori ) でした。
Twitterフォローやリプ、DMなどお気軽に・・😊お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です