香水「オルメ/ORMAIE」

フランス香水ブランド「オルメ/ORMAIE」天然香料100%の7種の香り

2018年11月にフランスで設立された香水ブランド「オルメ/ORMAIE」

現在7種類あるオルメの香水は、全てユニセックスで天然成分100%にこだわったビーガンフレグランス。

「オルメ」は、雑誌「KINFOLK」内で紹介されていました!


フレッシュなシトラス系もあれば、ラムやバニラの重厚な香水もあり。
ローズ香水や、男性を思わせるラベンダー系のフゼア香水、コーヒーやスパイスなど、レシピをみて幾つか嗅いでみたいと思ったので記事にします😊

親子で作るビーガン香水「オルメ/ORMAIE」

The NY Times Stile Magagineより

香水ブランドOrmaie フランス語でニレの木立を意味。
天然成分100%のみで香水を作る努力に思いを込めて命名

創立者である母:マリー=リーズ・ジョナックは、香水コンサルタントとして25年以上の経験がある。

多忙だった母に代わり、祖父母に育てられていた息子:バティスト・ブイグでしたが、母が大量に持ち帰る香水は幼い頃より身近な存在。
その後、ルイ・ヴィトンやジバンシィのコミュニケーション部門 で働いていた バティスト は、いつの間にか母と香水ブランドを立ち上げる夢を持つように。

2016年、30歳になった バティスト は母:マリー=リーズ・ジョナック に「ヴィーガン フレグランスブランドを立ち上げないか?」と持ち掛ける。

天然成分100%で作る香水作りは大変困難で、 母:ジョナック は、一度は断ります。

しかし、無理だと言われることに挑戦する人生を送ってきた母:ジョナックは、息子と共に、100%天然成分で作る香水ブランド「オルメ/ORMAIE」に挑戦。

香水に合成香料・合成成分を使用する場合は、5分で試香できる状態になりますが、天然成分のみで作成する場合、香りを混ぜた後、5週間も寝かせる必要があり、1つの香水を作るために、通常よりも長い期間が必要。

数百回以上もの試香を得て、2018年11月に、ヴィーガンフレグランスブランド「オルメ/ORMAIE」が誕生しました😊

「オルメ/ORMAIE」のビーガンフレグランス全7種

オルメ公式サイトより

ガラス瓶はリサイクル率30%、ボトルキャップは今後も充分に確保できるブナの木を使用。

  1. Yvonne( イヴォンヌ )・・ローズ、レッドフルーツ
  2. Papier Carbone(パピエ・カルボン) ・・リコリスのツンとした香り
  3. 28°( 28ディグリーズ)・・シトラス系
  4. Les Brumes(レ・ブリュム)・・シトラス系
  5. L’Vrée Bleue ( リヴリー・ブルー )・・ 重いバニラ、ラムの香り
  6. Toï Toï Toï ( トイ・トイ・トイ )・・ ウッディなワックスの香り
  7. Le Passant ( ル・パサン )・・クラシカルなラベンダー香水

1、Yvonne( イヴォンヌ )

  • トップノート: グレープフルーツ、 タジェット(ハーブ調の香り、キク科の植物) 、ブラックカラント、schinus molle(コショウボク、カリフォルニアペッパー)
  • ミドルノート: ローズ、ジャスミン、ピーチ
  • ベースノート: バニラ、ベンゾイン、トンカ、サンダルウッド、パチョリ

ローズとレッドフルーツの香りをミックスしたもので、ジョナックの母親の名前からとっている

引用:母と息子が生み出す天然の香り。 フレグランスブランド 「ORMAIE」T: The New York Times Style Magazine日本版


(香りの想像)グレープフルーツの軽やかさとブラックカラント(カシス)、ローズ、ジャスミンにピーチ・・ベースノートにバニラやトンカなどの調香をみると、女性が使いやすいジューシーでほんの少しグルマンぽさを感じる。

2、Papier Carbone ( パピエ・カルボン )

  • Top: ベルガモット、コーヒー、バディアン(スパイス系)、カルダモン
  • Middle: クラリセージ、ラバンジン、コリアンダー、ナツメグ
  • Base: パチョリ、Haitianベチバー、アンブレッド、ガイヤック

かつてフランスの学校教師が使っていたカーボン紙を彷彿させる、子どもの頃の思い出の香り

引用:母と息子が生み出す天然の香り。フレグランスブランド 「ORMAIE」


(香りの想像)コーヒーやスパイス、コリアンダーやナツメグで、少しピリリとした尖りを期待する香り。これ、嗅いでみたい!✨

3、28° ( 28ディグリーズ )

  • Top notes: レモン、ベルガモット、マンダリン、shinus molle(ピンクペッパー?)
    Middle notes:ローズ、サンバックジャスミン、チュベローズ、オレンジブロッサム
    Base notes: サンダルウッド、バニラ、エバーラスティング(イモーテル)Abs

フレッシュなシトラス香水。

4、Les Brumes ( レ・ブリュム )

  • Top notes: レモン、マンダリン、ベルガモット、ジンジャー
  • Middle notes: カルダモン、セージ、ジャスミン、チュベローズ
  • Base notes: シダー、サンダルウッド、ベチバー、mat(?)


こちらもシトラス香水。

5、L’Vrée Bleue ( リヴリー・ブルー )

  • Top notes: ラム、マンダリン、リリー
  • Middle notes: スミレ、イリス(アイリス?)
  • Base notes: バニラ、パチョリ、ベンゾイン、ココア

重いバニラとラムの香りで、ポール・ゴーギャンやアンリ・ルソーの描いた、魅惑的な熱帯地方の絵を思い起こさせる。

引用:母と息子が生み出す天然の香り。フレグランスブランド 「ORMAIE」


「リブリー・ブルー」は、オルメで一番嗅いでみたい香水かも💕
トップのラムやマンダリン、ラスト(ベース)のバニラやココア・・すごく美味しそうで、オトナな香水を想像。

6、Toï Toï Toï ( トイ・トイ・トイ )

  • Top notes: インセンス、ブラックペッパー
  • Middle notes: シダー、サンダルウッド、パチョリ
  • Base notes: ベチバー、バニラ、ナガルモタ( シプリオール )

パリ・オペラ座やボリショイ・バレエのイメージ

引用:母と息子が生み出す天然の香り。フレグランスブランド 「ORMAIE」


7、Le Passant ( ル・パサン )

The NY Times Stile Magagineより
  • Top notes: ベルガモット、ラベンダー、タジェット(ハーブ調の香り、キク科の植物)
  • Middle note: ラバンディン/ラバンジン
  • Base notes: トンカ、アミリス(サンダルウッドのような香り)、バニラ


「ル・パサン」は、ブイグにとって父親を思い出す男性的な香水なのだそう。
男性香水をイメージするフゼアの香り。ベルガモットやラベンダー、クマリンはバニラで感じるのかも。

どれもアメリカ版「バーニーズニューヨーク」サイトのみの独占販売、、オルメは2019年12月現在、日本未入荷の香水なので、調香ノートを見て、想像で嗅ぐしかありません💦

オルメ/ormaieを買えるお店

The NY Times Stile Magagineより

フランス香水「オルメ/ORMAIE」を買えるのは、2019年12月現在、バーニーズ ニューヨークの海外版オンラインショップのみ。

>>BARNEYS NEWYORK 公式オンラインショップ

日本のバーニーズニューヨークショップにも問合せましたが、日本未入荷でした💦また、日本版のバーニーズNYオンラインショップにも取り扱いありませんでした。

当記事執筆時の価格は、100mlで21,308円ほど。

定価は JPY 29,594 で20%オフで発売中。Xmas前のセールなのか不明ですが、今後、定価に戻ることもあるかもしれません。

個人輸入では購入可能なので、ちょっと幾つか注文してみようと思います💕

>>「オルメ/ORMAIE」公式サイト

以上、アロマと香水日和 ( @kousuibiyori ) でした。
Twitterフォローやリプ、DMなどお気軽に・・😊お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です