「ダン・ラ・ポー(Dans la Peau)」

ルイ・ヴィトン香水「ダン・ラ・ポー(Dans la Peau)」の匂いと感想をクチコミレビュー

  • 調香師:ジャック・キャバリエ(Jacques Cavallier Belletrud)
  • 香調:レザー系
  • 販売ブランド:ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)
  • 価格: 34,560円
  • レディース香水、ユニセックス香水

天然のレザー香料を使用したレザーフレグランス「ダン・ラ・ポー(Dans la Peau)」の特徴

レザーの香りが全面に出ている珍しい調香。

革製品やレザー張りにした新車の匂いを復活させるために愛用している人もいるのだとか。

ルイ・ヴィトン香水の中でも売れ筋フレグランスではないので、店舗によっては店頭に並んでいないこともあります。
販売員さんに確認し、裏からもってきてもらいました(笑)

ルイ・ヴィトン香水「ダン・ラ・ポー(Dans la Peau)」に含まれる香料

  • ナチュラルレザーインフュージョン(キュイール ド グラース)
  • グラース産ジャスミン
  • ナルシスアブソリュート
  • ムスク
  • 中国産マグノリア

レザーの天然香料もできていた:CUIR DE GRASSE(キュイール ド グラース)

CUIR DE GRASSE(キュイール ド グラース)
レザー天然香料「CUIR DE GRASSE(キュイール ド グラース)」

レザーといえば合成香料しかなく、合成香料の良さを伝えるときには「レザーの香りは合成香料でしか出せないからね」と言われてきました。

が、さすがはジャック・キャヴァリエ。
抽出が困難で諦められていたレザーから、天然香料を抽出していました(笑)驚愕・・!調香師業界では既に知られているのかな?

ルイ・ヴィトンのオルガントランクでは、この大変貴重なレザーの天然香料「CUIR DE GRASSE(キュイール ド グラース)」も精油瓶からクンクン嗅げます✨

ジャック・キャヴァリエが毎日、工房へ通い、レザーの端切れをもらって帰り、1000回以上テストを繰り返して抽出に成功したレザーの天然香料。

レザーの天然香料 「CUIR DE GRASSE(キュイール ド グラース)」 の匂いの感想

革製品につける なめし塗料の匂い。
私にはがっちり寝かせたウイスキーのめっちゃ下の方の濃い部分、深い高級洋酒の香りに感じました。

「ダン・ラ・ポー(Dans la Peau)」の匂いを試香・肌乗せした感想

「ダン・ラ・ポー(Dans la Peau)」を嗅いですぐわかるのが、レザーの香り。
レザーは、合成香料のレザーと変わらない匂いですが、まるく柔らかく香ります。

ルイ・ヴィトンのレディース香水ラインに入っている「ダン・ラ・ポー(Dans la Peau)」
レディース香水に「レザー」の香料を全面に使用するとは珍しく、これまでレザー香水を使用してこなかった女性には難易度高いかも?(私も)

しかし肌に乗せると、ムエットよりも柔らかく、レザーで例えるならラム革✨

トップのレザーの煙を抜けると、ジャスミンやナルシスのフローラルが加わる、エキゾチックな夜の匂い。

レディース香水とありますが、男性の方が身にまといやすそう。共有できるメンズライクなフレグランス。

以上、アロマと香水日和 ( @kousuibiyori ) でした。
Twitterフォローやリプ、DMなどお気軽に・・😊お待ちしております!

>>ジャック・キャヴァリエ調香台(オルガン)が見れる!ルイ・ヴィトン表参道店を口コミレビュー
>>ルイ・ヴィトンの香水新作発表会の内容と参加した感想をクチコミレビュー
>>ルイ・ヴィトンの香水を試香、購入できるお店まとめ
>>ルイ・ヴィトン香水の口コミ記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です