「フラワリーズ(FLOVERIS / 魅惑のブーケ)」

CIRO「フラワリーズ(FLOVERIS)」香りの感想口コミレビュー

アロマと香水日和 ( @kousuibiyori ) です💕
この記事では、ドイツのニッチフレグランスCIRO「フラワリーズ」の香りの感想や入ってる香料、試香・肌乗せ、購入後の使用感などを口コミレビューします。

  • 調香師:アレクサンドラ カーリン
  • 香調: フローラル
  • 販売ブランド:CIRO(シロ)
  • オードパルファン
  • サイズと価格: 100ml ¥27,500円

CIRO「フラワリーズ」の特徴

CIRO「フラワリーズ」
CIRO「フラワリーズ」

”希少な花々と情熱の輝きが永遠の愛を表現する香り”を表現した香水「フラワリーズ(FLOVERIS)」
「魅惑のブーケ」というサブタイトルがついています。

愛の象徴とされる美しい花々すべてを夢のように一つにまとめた、生き生きとした輝きを放つ創造性と魅惑のブーケ・・それが『FLOVERIS(フラワリーズ)』です。

引用:CIRO公式サイト

「フラワリーズ(FLOVERIS)」香りの感想を口コミレビュー

CIRO香水「FLOVERIS」
CIRO香水「FLOVERIS」

ローズ、ピオニー、粉っぽさのない上品な上澄みのフローラル香水。

ほんの少し青みがかった淡いピンク、ピンクペッパーがほのかに香り、幼さをコーティングし包み込んでいる。

トップのベルガモットやマンダリンの柑橘感はあまり感じない。ミドルでミモザやピオニー、恐らくバイオレットかな?好き嫌いは別れそうだけど、生花のお花感が漂う。「お花!」って感じの香水を探している人にはおすすめ。

つけて30分ほど経ち、ラストに近づく頃、可憐な色鮮やかな花々が落ち着き、シダーウッドやムスクが徐々に香り立ち始めるが、ラストにはピオニーや青みがかった若いローズに落ち着く。

ニッチフレグランス「フラワリーズ」に含まれる香料

  • トップノート: ベルガモット、マンダリン、ピンクペッパー
  • ミドルノート: ターキッシュダマスクローズミモザアブソリュート、バイオレット、ピオニー
  • ベースノート: バージニアンシダーウッド、カシミアウッド、ホワイトムスク、アンバー

CIROの香水「フラワリーズ」を試香・購入できるお店

「フラワリーズ(FLOVERIS / 魅惑のブーケ)」
「フラワリーズ(FLOVERIS / 魅惑のブーケ)」

ドイツのニッチフレグランスブランドCIRO「フラワリーズ」を買える店舗情報は、「CIROノーズショップイベントに参加した感想」ページでどうぞ。

以上、アロマと香水日和 ( @kousuibiyori ) でした。
Twitterフォローやリプ、DMなどお気軽に・・😊お待ちしております!

▼香水日和の公式LINEアカウント登録はこちら▼

 友だち追加

香水嗅ぎツアーやオンラインでは募集しない香水日和主催のオフ会(新型コロナなど落ち着いたら)、おすすめの香水売り場、嗅ぎに行った香水の感想、注目している香水ブランドなど、Twitterでは拡散しない情報を配信予定😊
香水初心者さんも大歓迎です💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です